トップ

宴会を和室で行う

宴会場が和室の場合の服装

周りと同調する服を選ぶ

会社で飲み会が行われる際、どんな服装で行けばいいのか、意外と悩んでしまいますよね。求められるドレスコードは、その場により異なりますが、宴会場が和室の場合では、どのような装いが求められているのでしょうか?宴会会場を選ぶならこちら。

和室では基本的に「正座」で着席するため、スカート丈が短いと膝から上が見えすぎて下品になりがちです。また、タイトなスカートだと座りにくいですよね。そのため、スカートであれば、丈が長めで少しゆったりとしたデザインのものを選びましょう。

また、新人であれば、上司にお酒を注いだり、料理を取り分けたり、テーブルをかたしたり、店員を呼びに行ったりと、何かと動くことが多くなります。スカートは機能的ではありませんし、男性の視線が気になるので、パンツスタイルの方が無難です。

それと、和室では靴を脱ぐことになるので、ストッキングを必ず履くようにします。職種にもよりますが、タイツはNGなところが多く、ストッキングでも、柄物やデニール数は低いものは好ましくないので、ベージュもしくは黒の無地が良いでしょう。

靴は脱ぎ履きに時間のかかるブーツなどは避け、履き慣れたパンプスなどを選びます。ただし、以外と靴も人に見られるので、キレイに磨いておくことはもちろん、できれば、内側の汚れも取っておくと、いっそう印象が良くなります。

そのほか、会社の飲み会では、お店や周囲の人に同調した服を選ぶことも重要ポイントです。服装が奇抜なデザインだったり、フリルやリボンが多様されていたり、胸元が大きく開いていたりすると、料亭などでは非常に浮いて見えてしまいます。

特に目上の女性が同席する場合は、その人より目立たないことも重要です。少し華やかさがほしいときは、仕事着にアクセサリーを足すだけで、雰囲気はずいぶんと変わります。「しまった!」と後悔しないためにも、和室に相応しい服装で飲み会に臨みましょう。

Copyright © 宴会場が和室の場合の服装. All rights reserved.